Parse, Alarm, Gauge. The must-have tool.

LogRep is a log parser for Final Fantasy XIV. You can compare your parse result with players in all servers (anonymous) on the web. LogRep also has an alarm function which reacts to specific log. You can also easily set an alarm to ring after specific duration.

リットアティンの憂鬱

2014/09/23

急にティンティン言われるようになった「リットアティン強襲戦」。
それほど多くのプレイヤーを惹きつけているのでしょうか? 分析してみました。


図表は LogRep でDPS集計などの行為を行っている人数であり、ゲームサーバー全体のものではないことを予めご了承ください。
(全体と、比率はたいして違いないと思われますが:))




リットアティン強襲戦 プレイ回数(日毎)



たしかに9/17から急激な盛り上がりを見せていますね!
以前と以後ではおよそ50倍の差をつけているようです。
ついでに「とてつよ」が稼げるシルクスも分析してみましょう。




シルクスの塔 プレイ回数(日毎)



ネクサス実装直後の17日は最高数をマークしていますが、その後はむしろ以前より減っています。
リットアティンに人が取られた結果、シルクスは人を減らしているのかもしれません。

次にリットアティンがプレイされている時間は何時ごろが多いのか?
時間毎のグラフを用意することで調べてみました。






リットアティン強襲戦 プレイ回数(時間毎)



9/17、ご飯後くらいから急激にプレイ回数が増加していったようです。
ピークタイムは大体24~2時くらいまで。
いわゆるGTよりも遅いのは、おそらく1回1分程度で終わる気軽なものなので、「寝る前にちょっと10ティンやるか」といったプレイヤーが多いからではないかと思われます。
ご飯時や、次の日仕事がある時などははっきりと減少するのがわかりますね。





最後に。
挨拶論争ですが、いる派も、いらない派も、「どちらも正義ではない」と私は思っています。
挨拶をして欲しいという人は当然「血肉のある中の人同士、挨拶があって当然ではないか」と思いますが、プレイ1回1分です。
リアルで、そんなペースで人と挨拶してたら多分そのうち「これ、必要あるのか?」って自分ならしなくなりそうです;)

また挨拶をしない人は「しゃべりたくない、気軽にプレイできるいい場所」と、挨拶推奨派とは全く別の視点でゲームを捉えているかもしれません。
例えばPS4でコントローラだけもって寝っ転がってプレイ…そんな人たち。
こういった「無言」プレイヤーは今までMMORPGでは極少数派だったので、FF14ではそういう人たちをどう引き込むか、ということをシステムに盛り込んでいる節があります。
(CFなんかがモロにそうですよね)
挨拶しよう、いやする必要ない、と意見がわかれるのはその「様々なプレイスタイルのプレイヤーをFF14へ」という試みが成功している結果なのかもしれません。

私は「どっちかといえば挨拶しておこう派」です。挨拶の頻度はおそらく7~8割くらいでしょうかねぇ。
一番むなしいのは終わり際! 挨拶している間に一人もいなくなってることが多々;(

そんな奴らにも自分の声を届けるには、戦闘終了のブラックアウト時が狙い目です。
ブラックアウト時に挨拶テキストを入力出来れば、即逃げプレイヤー達は自分の挨拶から逃げられません 笑
タイプスピードを上げるいい練習だと思ってお試しあれ:D


0 comments:

コメントを投稿

★「匿名」を選択せず、「名前/URL」で貴方の名前を書いてください。
★ If you have not chosen the "匿名(anonymous)", please write your name in the "名前(Name) / URL".