Parse, Alarm, Gauge. The must-have tool.

LogRep is a log parser for Final Fantasy XIV. You can compare your parse result with players in all servers (anonymous) on the web. LogRep also has an alarm function which reacts to specific log. You can also easily set an alarm to ring after specific duration.

学問のすすめ(上級編)

2013/11/08





よく聞きますよね。「白白だから勝てた」とか「タコタン学者1人でいけた」とか。
結果だけ見ればそういう表現になるでしょう。でも、忘れないでください。

「白白だから勝てた」のではなく、その白2人が上手だった。
「タコタン学者1人でいけた」のではなく、タイタン学者1人でいけるパーティに巡り合えた。

「~じゃないとダメ」と決めつけるのは思考停止です。
中には本当に無理なケースもありますが、簡単に言い切ってしまう人は大抵あんまり上手ではありません。偉そうに意見するけど実際やったら床ペロリスト、なんてこともよくある話:)


人の意見を鵜呑みにせず、なんでそれがダメなのか、自ら色々と試しましょう!


ここに書いてあることも絶対ではありません。
もっといいやり方などあれば、どうぞ教えてくださいませ m(_ _)m

さて、上級編となる今回はより実戦向きのため、細かい例や数値なども出した上でのお話となります。
大変長いので、心してから読んでいただくことをオススメします。
多分損はシナイヨ:D







▼白白について




白というジョブは「覚えるスキルは少ないが、失敗が許されない」ジョブだと思います。
一つ例をあげましょう。

ツインタニアの「デスセンテンス」「プラメット」連携。
デスは6000ダメージ、2秒後に来るプラメットは2000ダメージ。
盾のHPは6500。

この時、ゲージの減りを見てからケアルラを詠唱開始した場合、発動までに2.5秒。
2秒で発生するプラメットに間に合わず、盾は死んでしまいます。

この場合、デスの直前にスキンが有効です。耐久度はHP6500の盾で1170。
でもこれは、絶え間なく続く通常攻撃で削れる可能性があります。
デス発動の瞬間に常に合わせられるかといったら…厳しいですね?

しかも計7670のため、これだけでは足りません。

じゃあ、リジェネを合わせましょうか。リジェネ…底上げとしてはいいのですが、3秒ごとに回復するこの魔法、確実性はありません。
もちろん有用な場面は多々ありますが、今回の例では運頼みすぎる選択肢です。

絶え間なく続く回復に疲れ、楽をしたいとリジェネを撃った途端盾のHPが激減し、2.5秒のGCDの間、盾が死んでいくのをなす術もなく見ていた白の人も多いのではないでしょうか。

迅速ケアルラとかは、かっこいいんですが実は迅速>ケアルラの間に詠唱できない時間があるんですよね(1秒~1.5秒くらい)。
前もって迅速してあるならともかく、HPゲージ減ってからではただのスタイリッシュケアルラで終わってしまいます;)

では、どうするか。

それは「HPゲージが減る瞬間にかぶせてケアルラが発動するよう詠唱しておく」ことです。
これを「リザーブヒール(先行回復)」と言います。

デスセンテンスが4秒で発生するなら、構えから2秒くらいでケアルラ詠唱を開始。
ダメージ発生でぐーっとHPが減りますが、0.5秒後にはケアルラでHPを戻せる。
続くプラメットにも間に合う。
これは学者にも必要なテクですが、特に白はミスするわけにいきません。

(学者は、ミスっても鼓舞バリアだったり、活性などで取り返すことが出来る)

デス、プラメットのダメージ自体をアビによって減らすのも一つの手でしょう。
白は軽減アビがありませんが、学者からアイフォー、ウィルスを拝借します。
ただしこれらはリキャもあるので常には使えず、どうしても危険な瞬間は到来します。
その瞬間に「リザーブヒール」に失敗していたら、盾は瞬時に崩れ落ちていることでしょう。

ハイエンドにおける白は、本当にミスがない。限りなくミスがゼロに近い存在。
癒すのが好き♪ とかいってるHimechan系が到底生き残れるような難易度ではありません。
相応の覚悟を持って、白の腕前を磨いてくださいね:)



▼学学について




よくプロテス・スキンで比較されていますがこれはあまり意味がないと思っています。
プロよりはるかに影響力の強い陣やウィルス(本職なのでINT、MNDにも影響を及ぼします)、スキンは弱体するもののAddできる上、+鼓舞で2重にバリアをはることも出来るからです。
あえて言うなら手数が少ない分、白はシンプルでわかりやすい。というくらいでしょうか。

「鼓舞が重複できない」点は注意をしておく必要があります。例えば、

PlayerAの「鼓舞激励の策」
 ⇒クリティカル! 盾は1300回復。
 ⇒盾は「鼓舞」の効果。
PlayerBの「鼓舞激励の策」
 ⇒盾は700回復。
PlayerAの「鼓舞激励の策」
 ⇒盾は800回復。
PlayerBの「鼓舞激励の策」
 ⇒盾は700回復。

注意力のある人ならもうわかったかと思いますが、最初の鼓舞以外全部「鼓舞バリア」がつかず、回復だけになってしまうんですね。
「最初の鼓舞で2600のバリアが発生したから、それより弱いのは無視」となかなかクレバーな効果判断が行われた結果、ケアルの3倍弱MPを消費して、効果はケアル以下という、なんとも残念な状態になっています。
全体回復の「士気」はもっとひどい。一人のバリアが全く意味をなさなくなるので、フェアリーのフェイイルミや輝きを上手くかぶせていかないと、タイタンの激震などでは苦労することでしょう。

こういった場合、例えば学者Aは鼓舞メイン、学者Bはフィジク+活性メインとし、学者AのMP残量が1500を切ったらスイッチするなど無駄が起こらないよう作戦を立ててください。
一人で詠唱する場合にも、鼓舞>フィジク、の回転で回復が間に合うようであればそちらのほうが有効です。鼓舞>鼓舞でバリアが無効になることもあるので。


…と、ここまで書いておいてちょっとボヤいてみますが。


本当の問題は「学者をしている人が少ない」ことなんです。


街を歩くAF+1胴を来た白と、学者の数をくらべてみてください。
白AF+1の人、本当に多いですよね?
私は今回のSSで、こっそり学者が2人いるところを探しましたが、本当にいないので苦労しました;;
CFで白白になった経験は多いと思いますが、学学はどうでしょう?
とりあえず50にあげましたー、程度の学には会うかもしれませんが、本気で学者に取り組んでいるようなプレイヤーには、早々お目にかかれないはずです。

先ほど白の厳しさを書きましたが、それはハイエンドコンテンツでの話。
緩いコンテンツなら、覚えるスキルの少ない白のほうが圧倒的に手をつけやすい。
プレイヤー数が多いので、当然クリア報告も多くなる。
「白がいい」と言う人も増える…これが「白白がいい」という声が大きい理由です。

「学学」は今のところ、評価されるまでには至っていない。
そのように思います。
ジョブとしての能力は高いので、学者人口が増えてくれば「学学も全然アリ」ということになるのではないでしょうか。



▼最強は白学




私の中ではこれは揺るぎません。いや、SSがどうとかではなく:P
先ほどの白白で出した例をもう1度みてみましょう。

ツインタニアの「デスセンテンス」⇒「プラメット」連携。
デスは6000ダメージ、2秒後に来るプラメットは2000ダメージ。
盾のHPは6500。

この場合まず、白はスキン(1170)、学者は鼓舞(人によるがハイエンドだとおそらく700オーバー)で別々にバリアが可能です。
6500+1870で 8370。これでこのダブルアタックを阻止することができます。
阻止できるのであれば先行リジェネなども活きてくるでしょう。

先行回復は「ケアルラ」「鼓舞」「フェアリーの癒し」と3つ飛ばすことが可能です。



ジョブ使用スキル回復量
白白ケアルラx21300
学学鼓舞 フィジク 癒しx21600
白学ケアルラ 鼓舞 癒し1550


これだけの回復力があります。学学は前もって作戦を立てておくと最高のパフォーマンスですが、ここまで出来る学者が2人集うのは稀でしょう;)

そして先行回復でもHP回復が足りなかったり、先行回復に出遅れてしまったら「生命活性法」が役立ちます。

活性は白のベネディクションと違い、通常からどんどん使っていくスキルです。
瞬時回復の利点がどのくらいあるか比較してみましょう。
例えば盾のHPが6000であり、ハイエンドコンテンツをプレイできる学者のステータスだった場合。


スキル回復量MPコスト終了までの時間
生命活性法1200ゼロゼロ
鼓舞⇒エナジードレイン140053
(319-266)
2.5秒
フィジクx2⇒エナジードレイン1800ゼロ
(266-266)
5秒


このようになっています。
無詠唱で1200の回復が、余裕のないハイエンドでどれだけ助かるかは言うまでもありません。
逆に、余裕があるのならフィジクx2⇒エナドレでもいいわけです。
鼓舞は…クリティカルにかけるギャンブラー精神に溢れる方であれば:P
その場その場にあった使い分けをしましょう。

ついでに「白が優位」と言われる範囲回復についても触れておきます。


ジョブ魔法回復量(計)発動HoT
白白メディカ+メディカラ1000500500

メディカラx214004001000

メディカラ(シール)x218205201300
学学士気x2450450

士気x2 フェイイルミ+輝き1380540840
白学士気+メディカラ1000500500

士気+メディカラ フェイイルミ+輝き20406001440

士気+メディカラ(シール) フェイイルミ+輝き22926721620


白はメディカラのHoT回復量(リジェネ量)がすごいことがわかりますね。メディカはたいしたことありません。

学者の場合、士気だけで範囲回復力と捕らえられがちですが、実戦ではエオスのフェイイルミネーション・囁きを考えるべきです。
(常時使えるわけではないが、ここぞというタイミングに合わせていけば非常に有効なリキャストのため)
そして、白学が本気を出した時の回復量は圧倒的です。

白白、学学については若干学学が下回るものの、「白が優位」と言える程ではないことがわかります。
それにしても、なにも考えない学学の士気連打はあまりにひどすぎ(笑)


▼LogRepで見る、白と学者



ある日のハイエンドコンテンツを LogRep で表示してみました。
大迷宮バハムート:邂逅編1。
そろそろそれほどヘビーではない方も到達していることと思います。


回復合計は白307198、学者514716ですが更に細かく見ていきましょう。

白はスキンも多用しているので、1枚1200とすれば+30000。337198。
MP難をケアル・リジェネを多用することで凌いでいることがわかります。
(ちなみにこの白の方は、蛇の戦士盾を受け持っている猛者だそうです)

ついでエオスの回復が204103。それを引くと学者は310613となります。

学者のみだと単体回復は少し減るものの、白との性能差はあまり感じさせません。
またこの方はフェアリーをほぼ自動にしているそうですが、自動でもフェアリーはこれだけの回復を行っているということですね。
「なんとなく白学だとMPが楽になる」という白の方は多いと思いますが、おそらくそのほとんどはフェアリーのお陰といっていいのかもしれません。




次は別の方々によるちょっとキワモノパーティ。
なんでアムダに白学がいくのか! といった感じですが、単なるハイスピード周回だと飽きますしね。
色々やるのはいいことでしょう:D


まず見てわかるのはフェアリーが1番回復をしているということ。実に430189も回復を行っています。
とはいえ、囁き299081のうちのかなりは、オーバーヒールかもしれません。

白は234724。おそらくパーティ構成的に攻撃もやっていて少なめなのでしょう。
リジェネよりもケアル、メディカラよりもメディカがかなり大目なので、いまいちHoTを信用できない方なのかもしれません。
この方の回復は、このへんにまだ伸びしろがありそうです。

学の回復は97664。回復する気ないですね(笑)
おそらくほとんどクルセONのまま、攻撃しまくってたんじゃないでしょうか。
そこでこのパーティの攻撃スコアを確認したところ、白26968、召97982、学107709、ナ47098ということでした。学者がメインDPSに:P


…と、こんな風に分析表を見ることで「その人はどういうプレイをしているか」 がわかってきます。
「この人と組むと回復が安定するな…」と思ったら、安定しない時と安定する時、それぞれの表を見比べてください。
その数字の違う部分に「安定」の秘密が隠されています。
ついでに相手と自分の差を見ることで、これからの自分はどうするべきかがわかってくるのです。

例えば動画が「答えを与える」ツールだとすれば、LogRep 「答えに気づかせる」ツールです。
直接の答えはありませんが、表示された数値から「次はどうすればいいか」を考える機会を提供します。

ただ動画や攻略法をトレースする「だけの」プレイには、成長がありません。
新しいコンテンツが来る度に動画乞食。彼にとっては「効率いいプレイ」かもしれませんが、なんだかちょっとカッコ悪いですね;P

これだけ難しいゲームです。
ヒントは目いっぱい活用した上で、さらに自分たちで、自分たちなりの攻略を詰めていってください。



▼最後に

白は低難易度コンテンツでは圧倒的に使いやすいジョブです。そこそこの攻撃力、わかりやすい回復力の両方を持っています。
反面、「ミスった場合の活性」のような手段がないため、ハイエンドでは「ミスができない難しいジョブ」にひっくり返ります。
11の感覚で白を始め、なんとかタイタンは越えたもののバハムート1層の蛇で詰みかけてる…そんな方も多いのではないでしょうか?
先行回復を極めてください。HPバーが減る前に行動を取る、そういう白になってはじめてハイエンドで戦うことが可能になると思います
個人的にはベネのリキャ3分、神速のリキャ90秒くらいだとより選択肢も増えて面白いと思ってたりします:)

学者はとにかく手数が多いです。ここでなにするのあれあれあれ、と迷ってる間に全滅、なんてことも最初はあるでしょう。
一つ一つ、使えるスキルに慣れてください。それが有効な場面を自分で見つけていってください。
とにかくエーテルフローを使いこなすこと、それが学者の第1歩です。
フェアリー含め、しっかりと操作が出来るようになれば、おそらく学者のほうがハイエンドでは難易度イージーです。
学者は性能的には言うことないですね。しいて言えば勝手に解除されるピース、セミオーダーでも使ってしまう囁き、マクロ登録できないフェアリーの技、この3点がシステムとしてはこなれていないように思います。出来たら更にイージーなジョブになってしまいますがXD












これを読んで、少しでも学者に興味を持ってくれる方がいたら嬉しく思います。
また、LogRep も攻略に負けないくらい頑張って作ったツールなので、プレイの向上を目指す方は、是非とも手に取っていただければと思っています。


ここまで読んでくださった皆様にとって、この記事が助けになりますように!:D



15 comments:

通りすがりの学者 さんのコメント...

非常に参考になる記事を読ませていただきまして、ありがとうございました。
学者は基本的に回復能力で白に劣ると思い込んでいたため、蛇や4層でこちらの方が安定しているのが不思議でしたが、考察を読んで納得しました。
個人的には真タイタンが学者の修行に最適だと考えています。相方にもよりますが、陣や囁きコンボなどの各種スキルを駆使しないと回りませんからね。(修行という意味では)理想は核後に相方が落下してしまった状況です。私はそれで鍛えられました笑。

ぴ さんのコメント...

具体的な数値での比較とても参考になりました
白と学はお互いに相性がいい、丁度いいバランスに仕上がってるなと改めて確認できました。

ただ学2の時のHoTの数値が840なのは(100*120%*7回)で計算しておられると思うのですが、囁きは重複するのと、ラウズで回復量40%upできるので(100+40%*120%*7回)が二人分ということになります!
イルミとラウズで160%になるのか140%*120%になるのかはちょっと分かりませんが…


codescream さんのコメント...

Aizi(通りすがりの学者)さん

通りすがりといいつつLodeStoneにリンク張ってるじゃないですか(笑)
タイタン修行は同意ですね。一定間隔で来るマウンテンと激震をどう支えるかで、学者の使い方を学ぶことが出来る良コンテンツだと思います!


ぴさん

最大だとそんな感じなんですが、囁きは交互に回す運用が現実的かなーと言うのと、ラウズは更なる隠し味ということで触れませんでした:P
イルミ+ラウズはおそらく乗算で1.68倍になるんじゃないかと思いますー。

雨宮時雨 さんのコメント...

記事見させていただきました。
すごく、うれしかったです。
学者のことを真面目に考えてる人がいて。
自分はクリ極学者でやらせていただいてます。
もしよかったら日記かいてるのでごらんください。

codescream さんのコメント...

雨宮さん

「やりたくなる」解説にしたいなーと思って書いてみました。
想像以上にボリュームが膨らんだので途中で投げ出したくなりましたが…(笑)

お話通りのクリ学者さんですね!
鼓舞クリの効果は想像以上ですし、学者はヘイトをあまり考えず済むので、意思よりはクリかなーと私も思います。
逆に白だと意思を目指した方がいいのかな? 開幕クリとか【許してください。】な状況になりそうです^^ゞ

匿名 さんのコメント...

アビセア産の白とかならともかく、古参の白魔道士では基本的な事でみんな出来てた事だと思うけどね。リザーブヒールとか大袈裟な言い方してるけど、普通に考えてれば行き着く技術。
じゃあ、それが出来てない人が多いとも受け取れるこの記事が意味するものは、ID経験の未熟なFate産白が多いのが原因?
まぁ白姫も、こんなに白は大変なんだ感謝しろ!って白様も、どっちもウザイって事に変わりはないですね。
白はそういうロールなんだよ。って言ってやりたくなる事がホント多いです。

冒頭の、「~じゃないとダメ」と決めつけるのは思考停止です。
これは完全同意ですね。テンプレ厨は大抵下手糞ですからね。

codescream さんのコメント...

匿名さん

ここに書いたのは初級~上級まで、はじめて14をやって、なんとなくプレイしている。でもこれでいいのか? 大丈夫なのか? と不安を持っている人たちのために書きました。
貴方のような注意深く、ゲームの上手な方に読んでいただけるとは思っていませんでしたが(笑)、お役に立てず残念です;)

車乗りも、レーサーがいればトラックの運ちゃんもいる。普通に自家用車乗るだけの人もいれば、うっかり逆走しかねない危うい人だっている。
ゲーム(ロール)の世界も然り。私はそのように考えています。

匿名 さんのコメント...

素晴らしい記事だと思います!

codescream さんのコメント...

どうも有難うございます。
よろしければ、次回コメントの際には名前をいただけると嬉しく思います:)

http://xivparser.blogspot.jp/2013/10/blog-post_31.html

ばるぼら さんのコメント...

記事読ませていただきました。
14から始めて、白をやった後、学を始めた者です。
「白は範囲回復、学者は単体回復」と良く聞くのですが、自分で使っていて「そうかしら…?」と
思う事が多かったのですが、記事を拝見して、カラクリがやっとわかりました。
一方で、とっさの状況でそれらをきちんとこなせるかどうかで、大分違うんだなぁ、という思い
があり、改めて学者というジョブの奥深さを認識しました。
ありがとうございます!

codescream さんのコメント...

ばるぼらさん

ちょっと前はそんなことを言ってる人達がいましたねー。
最近のトレンドは「白なんて適当にケアルしていればいいジョブ」だそうです。
そういえば「logrep のやつは学者を贔屓してる」と言われていたのは心外(笑)

学者は手数ですが、白は「このアビをいつ使うか」をスパッと決める格好よさがあります。
最適なタイミングで決めたシールケアルラとかちょっと気持ちいいですよね:)
そんなわけで、私は白も学者も、どちらも完成度の高い素晴らしいジョブだと思っております。

匿名 さんのコメント...

自分はサービス開始から巴→学者と一筋でプレイして来ました。この記事に感動したのでコメントせずにはいられませんでしたw。
ブレイフロスクではエスナの使えない劣化白と言われ…
それ以降のIDでは回復力の少ない白と言われ…
挙げ句の果てには初期の真タイタンでは「白じゃねえのかよ…」と言われ(T_T)要らない子扱いされてきた学者を辞めようと思ったこともあります笑
でも最近になって白学の募集も増え学者の認知度も上がり嬉しく思っています!

codescream さんのコメント...

どうも有難うございます。
よろしければ、次回コメントの際には名前をいただけると嬉しく思います:)

http://xivparser.blogspot.jp/2013/10/blog-post_31.html

最初の頃は鼓舞のバリアもしらない人だらけでしたしね(笑)
白学が定番になってくれるといいですね!

ルナリスアンブラ さんのコメント...

はじめまして。Ixion鯖で学者メインでやっているLunarisと申します。
本当にためになる記事、かつ励みになる記事です。参考になりました。
学者ってことで、回復量の関係でPTに敬遠されたことがあったり、人から白学でID言ってるよとか人からボヤかれたりして、凹んだことがあります(^^;
でも見てると、そういう人は大体FateのみでLvあげちゃった人なんですよね。
でも学者はすごいんだよ!ってこの記事を見て改めて思いました。
またこちらのサイトで勉強したいと思います。
素敵な記事に感謝です。

codescream さんのコメント...

ルナリスアンプラさん

記事お役にたててよかったです! ちょっと内容が古くなってる気もするのですが(笑)
使いこなすとどんどん面白くなっていくと思います。頑張ってくださいね!

コメントを投稿

★「匿名」を選択せず、「名前/URL」で貴方の名前を書いてください。
★ If you have not chosen the "匿名(anonymous)", please write your name in the "名前(Name) / URL".