Parse, Alarm, Gauge. The must-have tool.

LogRep is a log parser for Final Fantasy XIV. You can compare your parse result with players in all servers (anonymous) on the web. LogRep also has an alarm function which reacts to specific log. You can also easily set an alarm to ring after specific duration.

学問のすすめ(中級編)

2013/10/17


⇒初級編はこちら(鼓舞・陣・フロー・活性・アイフォー等)
⇒上級編はこちら(白と学者について)




意外と初級編が好評でしたので、中級編です。フェアリーの使い方について説明します。

色々書いてはみましたが、有用であれば使ってください。さらに応用してください。
自分で考え、試し、実戦していくことで、学者の能力はぐんぐんと開花します。
活かすも殺すもプレイヤー次第。それが学者のポテンシャルです。



▼フェアリーは手動で使うべきか?
これに対してはイエスともノーとも言えません。
ただし、白を超えるスペックを発揮したいのであれば手動「も」駆使するべきです。
(自動でも楽な場所で、わざわざ手動にする必要はありません)
前もって「ピース」「セミオーダー」でフェアリーのリキャを温存しつつ、
ここぞ! という時にサッと手動を出すのが出来る学者というものです。



▼ホットバーを使ってフェアリーに指示

 
Exホットバーをキー割り当てして使う
通常のホットバーにPetsのアクションを入れて使う

どちらでも好きなやり方でいいと思います。



▼エオスは「ピース」、セレネは「セミオーダー」
エオスのスキルを止めるのは「ピース」、セレネは「セミオーダー」と覚えてください。
また、エオスの「ピース」は手動で技を使うと切れてしまうので再度ピースする必要があります。
(囁き詠唱中にピースすると、エオスは囁きも止めてしまうのでこれまた注意)
なぜそんな面倒な仕様なのかは謎ですが、用意されたものを上手く使いましょう。



▼エオスでこれだけは覚えて欲しい技



危なくなったら(味方全員のHPが激減したら)これ。
「ラウズ」>「フェイイルミネーション」>「光の囁き」
順番は変えずこの3つを次々に命令すること。
フェイイルミがなければラウズ>囁きでもOK。

効果は大体白のリジェネが全員にかかると考えていいでしょう。
フェイイルミがかかった場合、学者や白の回復力も20%底上げされるので、大幅なリカバリーが可能です。
これを使うようになると「学者の回復力では支えきれない」という(自分の中の)意見が変わってくるはずです。
ただし、下準備としてエオスに「ピース」をかけておくこと。
フェイイルミ、囁きを自動でさせないために必要です。
(ラウズ>フェイイルミ、とかけた所でピースが外れてしまうので、囁きは勝手にかけてくれることもままあります)
技を使った後、また「ピース」に戻すことを忘れないようにしましょう。
戻すのが早すぎると囁きが止まってしまうこともあるので注意!



▼セレネのライトとグロウをかけわける



フェイライトは「スキルスピード」、フェイグロウは「スペルスピード」上昇です。
ウルトラ超AIの影響か、セレネはフェイグロウのみリキャごとに神速でかけてきます。
フェイライトを手動で発動した後にグロウを重ねてくる横暴っぷりです。
これを止めるには「セミオーダー」を指示しておくこと。
かけたいタイミングで2つを使い分けましょう。
常時2つを30秒ずらしてかけ続ける、という方法もあります。まずグロウ、30秒経ってからライト、あとはリキャごとにグロウ>ライト>グロウ>ライト、という風に。
仕様的に両方を同時にかけるのは難しいですし、常時かけるこの方法はパーティ全体の底上げに適しているでしょう。



▼GCDの間にフェアリーに命令が出せる
 


2.05で変わった要素です。
劇的に強くなるわけではありませんが、それを理解している学者と理解していない学者では確実に差がつくでしょう。
いくつか便利な例を書いておきます。

学者が鼓舞やフィジクしている間に移動指示を出す
個人的にこれがかなり便利です。GCDのリスクなしで自由自在にフェアリーを動かせます。
白学で、白側が劣勢な時にさりげなく白のほうにフェアリーを移動させる…など素敵な使い方を色々と考えましょう。

自らは常にクルセONで攻撃しつつフェアリーで回復
この使い方も、今後結構する人多くなるんじゃないでしょうか。アムダなどで威力を発揮することでしょう。
盾が頑丈だと、フェアリーの自動回復のみで間に合うこともあったりしますが:P

フィジク>光の癒し でケアルラレベルの回復
フェアリーはほっといても自動的に癒しをバラまきますが、バハムートの蛇やドレッドなど、単体回復の確実な底上げとしては重宝するでしょう。



▼フェアリーの硬さを利用する



例えばアムダボス「アナンタボガ」で、安定したらエオス(orセレネ)をボス背後に移動させてください。
ボスは背後のフェアリーに向けて後方WSをしますが、フェアリーはその攻撃ではほぼダメージがないため、置いておくだけで後方WSを誘発できます。
これはとても便利ですが、大迷宮一層の蛇では出来ないなど、敵によっては出来ないこともあります。(むしろ蛇で出来て欲しいと思った人は多い筈)


上級編は「白と学者」といった内容になるかと思います。
例によって、要望があるようでしたら書いてみたいと思います:)


(10.17)セレネについて追記



4 comments:

Fic Gilrain(Chocobo) さんのコメント...

こんにちわ。
じっくりと読ませていただきました!
すんごくためになりましたぁ^^
実は槍で初めて42まで行ってからの巴術乗り換えてとりあえず50まで行ったものの
学者と召還で悩んでたんです。なんせ学者はPSがいりそうでw
でも、ここを参考に今XHBとかマクロいじってます^^
今後も、よければ追加手記楽しみにしてま~っす^^

codescream さんのコメント...

Fic Gilrain(Chocobo) さん

学者は極めようとすると次から次へとこうすればよかった…が出てくるするめジョブですね:D

私はキーボ派なのであまりいい助言は出来ませんが、仮にパッド派であればフェアリーはなるべく自動で上手くやる方法を考えると思います。
パッドは本当にボタン少ないです;(

通りすがり さんのコメント...

尻尾WSそのものは痛くないけど、ペットはそれに付随するDoT効果に弱いから大きなメリットはなさそうかな

codescream さんのコメント...

人それぞれで、かまわないのではないでしょうかXD

全く知らなかった人が「こういった方法もある」と気づけたのであれば、今後の応用に繋がるでしょうし、それでいいと思っています:)

コメントを投稿

★「匿名」を選択せず、「名前/URL」で貴方の名前を書いてください。
★ If you have not chosen the "匿名(anonymous)", please write your name in the "名前(Name) / URL".